ウイスキー樽オーナー|笹の川酒造株式会社|福島屋商店

ウィスキーのオーナーとして、福島県の復興を見守りながら、
5年の熟成時間を楽しみませんか?

福島県郡山市に本社・製造所を持つ「笹の川酒造」では、ウイスキー製造開始70周年を記念して、2016年本格的ウイスキー蒸溜施設安積(あさか)蒸溜所を開設しました。
そこで「福島屋商店」では、昨年に引き続きこの笹の川酒造安積蒸溜所で製造されたモルトウイスキー樽の第2回目のオーナー(人数限定)を募集することにいたしました。
皆様にオーナーになっていただいたモルトウイスキー樽は、安積蒸溜所の蔵で5年の熟成期間を過ごし、5年後、瓶詰ののちに、オーナー各位の元へお届けいたします。
5年の熟成期間の中では、年1回のサンプリングや蒸溜所見学、オーナー同士の交流会、また瓶詰にも立ち会っていただけるなど、様々な企画を準備しております。
5年後の特別な日のために、復興に向けて歩む福島県を忘れないためにも、ウイスキーのオーナーとして、5年を一緒に楽しみませんか?

シングルカスク・ウィスキーの5年間の熟成時間を楽しむ琥珀色の浪漫。

笹の川酒造は、戦後間もない1946年(昭和21年)にウイスキー製造免許を取得し、ここ郡山市におけるウイスキーづくりをスタートしました。
以来70年間、ここ福島県の中央郡山市・安積の地において、少量ながらもウイスキーの灯を点しつづけてまいりました。
そして2016年、ウイスキーづくり70年の記念すべき年に、新たな製造設備を導入し、より本格的なモルトウイスキーの製造を開始いたしました。
そこで「福島屋商店」では、この笹の川酒造安積蒸溜所で製造されたモルトウイスキー樽の、オーナーを募集することにいたしました。
皆様にオーナーになっていただいたモルトウイスキー樽は、安積蒸溜所の蔵で5年の熟成期間を過ごし、
5年後、瓶詰ののちに、オーナー各位の元へお届けいたします。
なお、5年後にお届けするウイスキーは、「シングルカスク・ウイスキー」となります。
「シングルカスク・ウイスキー」とは、単一の蒸溜所で製造熟成されたものを、度数の調整以外は、
他の樽のウイスキーと一切混和せず、瓶詰したものをいいます。
瓶詰の際、ウイスキーには、オーナーオリジナルのラベルを作成していただくことも可能です。
5年後に成人を迎えるお子様との乾杯のために、企業の記念日のために、引退の日のために、などなど、
さまざまな5年後の特別な日のために、ウイスキーのオーナーとして、濃厚な5年の日々をいっしょに過ごしませんか?
そして、ウイスキーの熟成とともに、福島県の復興を見守り続けていただければ、幸いです。

ウイスキー樽オーナー参加の流れ

①参加意向確認書の受付

下記フォームより、参加意向確認を提出。

②正式申込み・決済手続き

参加意向確認者に、正式手続きの専用フォームをメールにて送付。
専用フォームより、正式申込と決済手続(クレジットまたは、銀行振込)。
※「info@fukushimaya-shoten.jp」のアドレスが受信できるようメール受信設定をお願い致します。

③オーナー証の発行

決済手続き確認後、オーナー証を発行(2月以降)。

ウイスキー樽オーナー/参加意向確認

■オーナー制度概要(案)

①樽詰め/2018年3月以降(参加意向確認が100口に達し次第、樽詰めを行います。)

②瓶詰引渡し/2023年3月以降

③募集口数/150口(予定)

④予定価格/一口:16,000円【税別】(43度・700ml×2本)※瓶代は含まれています。

※オリジナルラベルは、オーナー様の負担となります。

お名前必須
ふりがな必須
ご住所必須
生年月日必須 年齢必須 
電話番号必須
FAX
E-mail必須
福島屋商店からの連絡を受け取れるアドレスをご記載ください。
申込口数必須
  

※電話番号は日中連絡が可能な携帯電話をご記入ください。
※お客様の個人情報は、当社の個人情報保護方針に則り、管理いたします。

申し込みは、申込時に20歳以上の方に限ります。生年月日・年齢の記載のない申し込みは、受付できません。
参加意向を表明された方には、福島屋商店から改めてメールを送ります。
この後、正式手続き、ご入金が確認された時点で、正式申込みとなります。

PAGE TOP